top of page
  • 執筆者の写真MATSURICA

リアルすぎるとダサくなる。

最近、とあるデザイナーの方とお仕事をする機会が頻繁にあるのですが

これまで培った「技術」を集結させると

どうしても絵がリアルになる。

そして言われるのが、リアルすぎるとダサくなる。(悲)

すごくわかる。理解できる。

でも、リアルになっちゃう。(悲)

これは癖としか言いようがない。

この癖を克服したい。

リアルに描かないということは、

もちろん雑に描くということではなく。

丁寧に丁寧に、リアルに描かないことが必要で、

そのためには、ある程度のデフォルメ感を求める。

そこにあるはずのものを敢えて描かない。

だけど、それがそれであることは間違いなく伝わり

さらに「いい感じ」になっていなくては。

とどのつまり

やっぱり描写力に行き着くのかもしれない。

今まで20工程くらいかけていたことを

5工程くらいで表現するわけだから

よく観察して、必要な線、色をだけで描く。

要らない線、色は描かない。

絵の中で描き込みがバラバラなのもダサいので 1箇所ずつではなく全体的にざっくりと仕上げていくべきか。

技術とセンスがいるので、これは長い鍛錬が必要です。。


byMATSURICA


最新記事

すべて表示

最近のこと。

このところ、忙しくしているせいか、気持ちが安定しています。 制作は、時間がある=できる、時間がない=できない という単純なものではないのだなぁと つくづく思います。 私の場合はどちらかというと仕事で忙しくしている方が エンジンが掛かって、色々なアイディアが生まれてくることが多く 逆にのんびり安らかな日々には、 何も生まれないことが多いのかなと思います。 これはイメージなのですが、 頭の中には泉があ

Commenti


bottom of page