top of page
  • 執筆者の写真MATSURICA

最近のこと。

このところ、忙しくしているせいか、気持ちが安定しています。

制作は、時間がある=できる、時間がない=できない

という単純なものではないのだなぁと

つくづく思います。

私の場合はどちらかというと仕事で忙しくしている方が

エンジンが掛かって、色々なアイディアが生まれてくることが多く

逆にのんびり安らかな日々には、

何も生まれないことが多いのかなと思います。


これはイメージなのですが、

頭の中には泉があって

カラカラに枯れているときと

じゃぶじゃぶと湧き出ているときがあります。

正直に言うと、出産後、私のイメージの泉は一度枯れました。

でも今年の春頃から、(ちょうど娘が幼稚園に通い出した頃)

じわりじわりの水が戻ってきたように感じています。

まだ噴き出るような勢いはないものの、

地下深くから押し寄せる何かを感じています。


こんな私にも、残された絵描き人生、

やりたいことが1つあります。

それは、私の人生をかけた最後のプロジェクト

くらいの気持ちでいるのですが。

私に一体どこまでできるだろう。

不安しかない。

でもそれでよい。

安心からは何も生まれないことを

身を持って経験しています。


by MATSURICA

最新記事

すべて表示

リアルすぎるとダサくなる。

最近、とあるデザイナーの方とお仕事をする機会が頻繁にあるのですが これまで培った「技術」を集結させると どうしても絵がリアルになる。 そして言われるのが、リアルすぎるとダサくなる。(悲) すごくわかる。理解できる。 でも、リアルになっちゃう。(悲) これは癖としか言いようがない。 この癖を克服したい。 リアルに描かないということは、 もちろん雑に描くということではなく。 丁寧に丁寧に、リアルに描か

Comments


bottom of page