top of page
  • 執筆者の写真MATSURICA

子供の絵

奥行き、立体感、影・・そういうことに囚われ出すのはいつ頃からだろう。

「絵が好き」 からの「上手に描きたい」という欲求が出てくる頃から

モチーフと「似てない」ことへの苛立ちが生まれる。

そもそも、それを描きたいという衝動は、なんなのか。

そこにあるのに、敢えて描く必要が本人にはある。

不思議な現象。

MATSURICAの子供の絵

おかげさまで、娘は5月で4歳に。

お外遊びに興味がない娘は、もっぱら描いたり工作したりでゾーンに入る。

(この歳の子は大体工作やお絵描きが好き。)

私は今、人が絵を描くという初期の行動を観察できていることに

これはとても貴重な経験なんじゃないかと感じている。(私自身が)

すでに忘れ去っている、二次元的感覚。

「なぜそれを表現するのか」という重たい背景なんかに囚われない、

ただの衝動でしかない色、線。

その軽さは観る側の気持ちも軽くする。


二次元といえばキュビズムですが

ピカソのように一度徹底的に三次元をものにした描き手が

再度二次元に戻すことの難しさを考えると

やっぱりピカソさんすごいなぁ。

とか思うわけです。

きっとその二次元をものにするには、並々ならぬ努力があったに違いない。


from MATSURICA




最新記事

すべて表示

牛や豚や鶏について。

世界では様々な問題が起きており その一つ一つに胸を痛めていると、心が病む。 どこかでは戦争が起き どこかでは大規模な火災・洪水。 犬や猫は今日もたくさんの命が失われ 今もどこかで、子供が虐待されている。 この暑さの中、水も飲めずにぎゅうぎゅう詰めで 3日間も殺されるのを待ち続ける、鶏や豚。 命は大切。尊い。 愛する人を失うのはあまりに悲しい。 閉じ込められ、痛めつけられるのはあまりに辛い。 そうは

Kommentarer


Kommentarer er slået fra.
bottom of page