top of page
  • 執筆者の写真MATSURICA

MATSURICAの原画の話

MATSURICAはデジタルペインティングを主にやっていますが

時々、アクリル(水彩・パステル等も使います)をやります。

いくつかの作品が、手放すことができず、

家に飾ってあります。(一部倉庫にも)

この作品たちを、どうしたらいいものかと考えるのですが、

買い手がついたとたん、もう2度と会えない、と思うと

なかなか売りに出す、ということができません。


なぜ売りにだせないのか、突き詰めてみると

もう2度とその絵を描くことができないから、に尽きる。

絵に対して、重すぎるほどの気持ちがあるために

その時と同じ状況・気持ちにはもう2度となれないから・・


私は実は、そのストーリーに入り込みすぎて

涙を流しながら制作することがあります。(照)

側からみるとかなり異様でしょうが

それくらいのリアリティを持ったストーリーを

脳内で展開させながら描くことが多いです。

そしてそこまでの展開ができた作品は、良作となることが多く

それが原画の場合は、売りに出せない。。。という。。。

プロ意識の欠如

と言われてしまえばそうでしょう。


でも、でもさ?

部屋を見回してみてくださいよ。

誰しも、「とっておきのお気に入り」が、一つや二つあると思います。

それが、もう2度と手に入らない材料で作られていて

さらに、自分が時間をかけて作ったものだとしたら・・。

それを、さあ、だれでも買って行ってください!

と、大手を振って言えますか?


なんて。

こんな話をしているのには訳があり。

そろそろそんな大切な作品も、お別れをしようか、

どうしようかと、迷っているからなんです。

もし、大切にしてくださる方がいましたら

メッセージください。

50万円ほどになりますが

それでもお家にお迎えしたいというかたがいましたら。

ライオンが子羊を抱いている絵
MATSURICAのアクリル画

from MATSURICA









最新記事

すべて表示

リアルすぎるとダサくなる。

最近、とあるデザイナーの方とお仕事をする機会が頻繁にあるのですが これまで培った「技術」を集結させると どうしても絵がリアルになる。 そして言われるのが、リアルすぎるとダサくなる。(悲) すごくわかる。理解できる。 でも、リアルになっちゃう。(悲) これは癖としか言いようがない。 この癖を克服したい。 リアルに描かないということは、 もちろん雑に描くということではなく。 丁寧に丁寧に、リアルに描か

最近のこと。

このところ、忙しくしているせいか、気持ちが安定しています。 制作は、時間がある=できる、時間がない=できない という単純なものではないのだなぁと つくづく思います。 私の場合はどちらかというと仕事で忙しくしている方が エンジンが掛かって、色々なアイディアが生まれてくることが多く 逆にのんびり安らかな日々には、 何も生まれないことが多いのかなと思います。 これはイメージなのですが、 頭の中には泉があ

Comments


bottom of page