top of page
  • 執筆者の写真Naoko Okada

Patreonはじめました。

こんにちは。MATSURICAです。

タイトルの通りですが、Patreonという海外の寄付サイトを始めました。

「Patreonとは、クリエイターのクラウドファンディングプラットフォームです。

クリエイターは自身のファン(愛好者)やパトロン(支援者)から定期的に、もしくは作品ごとに寄付を募ることが可能となっています。」

とのこと。

結構前に存在は知ってはいたものの

なんだかやっぱり、馴染みがないというか、、

図々しいというか、、

申し訳ないというか。。

特に日本ではまだまだ浸透しずらいシステムのようで。


ただ海外、特にアメリカではクリエイターを応援する土壌が整っていて

クリエイターとして応援をいただけることはとても光栄なことだな。と。

ただただ作品とお金の交換で成り立たせるのではなく

応援する、という機会を持って頂くこと自体

もしかしたら楽しいこのなのかもしれない。


と言いながらとなんと厚かましい考えだろうかと

さあさぜひどうぞ!

とは言えない自分がおります。

それでも、日本がクリエイターにとって生きやすい世界になればいいなというのと

応援されたいという厚かましさとの気持ちから

お試しに始めてみたのです。


WHITE WOLF

SILVER WOLF

GOLD WOLF

PLATINUM WOLF

の4段階、月額5〜60ドルまで用意しました。 それぞれお礼の内容が違っていて、

PLATINUM WOLFは原画作品を描かせていただきます。 ご寄付いただいたお金は、これから長く制作できる環境を整えるため 大切に大切に使わせていただきます。

応援していただける方は、下記バナーからPatroenサイトへどうぞ。




最新記事

すべて表示

リアルすぎるとダサくなる。

最近、とあるデザイナーの方とお仕事をする機会が頻繁にあるのですが これまで培った「技術」を集結させると どうしても絵がリアルになる。 そして言われるのが、リアルすぎるとダサくなる。(悲) すごくわかる。理解できる。 でも、リアルになっちゃう。(悲) これは癖としか言いようがない。 この癖を克服したい。 リアルに描かないということは、 もちろん雑に描くということではなく。 丁寧に丁寧に、リアルに描か

最近のこと。

このところ、忙しくしているせいか、気持ちが安定しています。 制作は、時間がある=できる、時間がない=できない という単純なものではないのだなぁと つくづく思います。 私の場合はどちらかというと仕事で忙しくしている方が エンジンが掛かって、色々なアイディアが生まれてくることが多く 逆にのんびり安らかな日々には、 何も生まれないことが多いのかなと思います。 これはイメージなのですが、 頭の中には泉があ

Comments


bottom of page